読書や日記

読書の記録や日記を書いています。

『そして生活はつづく』星野 源

星野源さんの『そして生活はつづく (文春文庫)』読了。

 

星野さんの初のエッセイ集ということで、最新の『いのちの車窓から』とはずいぶん違う印象を受けた。

最新を興味深いエッセイとすると、本書は面白いエッセイというのがしっくりくる。

星野さんのダメっぷりが凄いのだ。

料金支払いの話、うんこの話など、失礼ながら友人にいたとしても、

「こいつはロクな生活を送らないだろうな」と思うほどである。

笑える内容が多い。

 

ただ、バカな一面を持ちながらも隠さず、一方多方面で活躍する、そんな星野さんだからこそ多くの人に愛されているのではないかと思う。

ますます興味が湧いた。

 

読書嫌いな人でも夢中で最後まで辿り着く。

星野源の魅力がたっぷりつまった本だ。

 

 

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)