読書や日記

読書の記録や日記を書いています。

『リーダーの教養』

教養という言葉を見ると、

なぜか魅きつけられてしまいます。

そんな中見つけたのが本書。

東レの取締役を務められた佐々木さんは教養をどう捉えているのか。

それが知りたくて購入しました。

 

一般的に教養を身につける方法といえば読書が挙げられます。

しかし佐々木さんは冒頭で

「多読家に仕事のできる人間はいない」というのが私の長年の持論です。…

私は現役時代、本をびっくりするほどたくさん読んでいる同僚や上司を何人も知っていましたが、そういう多読家で本当に仕事のできる人にはほとんど出会ったことがないからです。

と述べられています。

 

本書でもまず紹介されるのは礼儀正しさ・言葉・人付き合い・現場。

仕事で重要なのは、知識だけではないことを強調されます。

 

そして、読書。

佐々木さんもかなり読書はしたようですが、濫読はしておらず、文学青年でもなかったとのことです。

多読より精読重視ですね。

また、勉強目的より面白さを優先させることも強調されています。

この点はライフネット生命の出口さんに似ています。

 

佐々木さんの考えは、まず人間としての基本がベースにあり、その上で知識を行動と結びつける。

これが大事だと述べられているのではないでしょうか。

最近は多読家が偉いというような風潮も感じられていましたので、読書について改めて向き合うことが出来ました。

 

 

 

リーダーの教養

リーダーの教養